« このブログについて | Main | 体験レッスン週間のお知らせ »

12/04/2007

初めてのトウシューズ

Ca390009 師走に入り、時間や人の流れも
慌しさを増してきましたが
レッスンに向かうと
まず出迎えてくれるのが
スタジオの入り口にある小さな寄せ植えの花たち…
今は、そこに小さなサンタクロースや
Merry X'masと書かれた小さな月のプレートが飾られて
ほんの少しクリスマステイストです。

今年は発表会の無い年でしたが
その分、生徒さんそれぞれが
じっくり自分のバレエに取り組めた1年でもあったと思います。

Grl_0011

写真は、3月末にジュニアクラスの子どもたちが
初めてトウシューズを履いた時のものです。
そして、大人クラスの何人かの生徒さんの中にも
今年になって、トウシューズを履き始めた方がいらっしゃいます。

バレエというとトウシューズで踊るものというイメージが
一般的かもしれませんが
履けるようになるまでには
やはりある程度のお稽古を重ね
トウシューズを履いて動けるための
身体作りをしなければなりません。

いつになったら履けるのかな?
そんな期待に胸を膨らませ続けながら
やっと迎えるこの日
その時の気持ちは
子どもも大人もきっと変わらないでしょう。

淡いピンク色のサテンの輝き
初めて足を入れたときの感触
ぎこちなく結ぶリボン
そして、つま先で立った時の
空間の広がり
その時の印象はきっといつまでも心に残るもの。

履き始めても、最初はバーで足慣らしをしたり
基礎的な訓練をすることになりますが
いざ、履いてみると
バーに掴まって立つだけでも
それまでバレエ・シューズで重ねてきたレッスンが
何故大切であったかを改めて
身に滲みて(笑)感じる方も多いのではないでしょうか。

今年の春に履き始めたみなさんも
来年の発表会では
トウシューズでの舞台デビューをすることでしょう!

|

« このブログについて | Main | 体験レッスン週間のお知らせ »

Tea Break」カテゴリの記事